ゆるりASTER研究所 忙しい人でもサクッと10秒で、Astarについて学べます。

【5ステップで解説】簡単!コインチェックの登録方法【30分で完了します】

暗号資産(仮想通貨)の始め方

こんにちは、マサです。
今回は、コインチェックの登録方法について、やさしく解説したいと思います。

この記事を読むことで、こんな疑問が解決できます。

にゃんこ「仮想通貨始めたいニャ。コインチェックが良いって聞いたけど、どうやって登録するのかニャー。面倒くさいのは嫌だニャ。」

マサ「やることは5つだけ。手順通りやれば、30分で手続きが終わりますよ。」

今回の内容

  • コインチェックがおすすめな理由
  • コインチェック登録方法【5つのステップで解説】
  • コインチェックに登録した後、したいことは?

説明している僕も、初めは右も左もわからず、結構苦労しました。
なので、間違いやすい所や、楽できるポイントなども合わせて解説していきます。
※注意※
仮想通貨は、価値の変動が大きいものです。
絶対に稼げるといったものではありませんので、ご購入に関しては、あくまでもご自身の判断でお願いします<(_ _)>

コインチェックがおすすめな理由

coincheck-img1
コインチェックがおすすめな理由は、次の3つです。

  • 注文が簡単
  • 取扱い通貨が多い
  • 安価で始められる(手数料無料)

注文が簡単

コインチェックの画面は、とてもシンプル。
パソコンで見ると、ホーム画面にすぐ取引板があり、開いて5秒で取引が出来ます。
coincheck-home
簡単ですね。
アプリ版は、またちょっと画面が違うので、注意が必要です。
詳しくはこちらを確認してください。
ただ、初心者で、これから始めたいって方には、シンプルでわかりやすかなって思います。

取扱通貨が多い

コインチェックは、2021年12月現在、国内の取引所で最も取扱い通貨が多い取引所です。
主要な取引所の取り扱い通貨数は、こんな感じ。

コインチェック 取扱通貨数:16通貨
ビットフライヤー 取扱通貨数:13通貨
DMMコイン 取扱通貨数:11通貨
GMOコイン 取扱通貨数:7通貨

コインチェックが1番多いですね。
取扱通貨数が多いということは、それだけ安全に買えるチャンスが多いという事です。
なぜなら、メジャーでない仮想通貨は、海外の取引所を利用しなければならず、リスクが高くなるからです。
取り扱う銘柄もますます増やしていくみたいなので、これからも期待が持てます。

安価で始められる

実は、この【安価に始められる】というのが一番のポイントです!

  • まず、口座開設は無料。
  • そして、取引手数料も無料。
  • さらに、500円から購入可能!

いかがでしょうか。
特に【取引手数料】が【無料】というのは、神ですね。
やはり、僕個人としては、初めは小さく始めて欲しいと思っています。
だって、いきなり大金をいれて、何かあったら嫌ですもん。
ですので、少額・無料で始められるコインチェックは、初めて仮想通貨を購入する方におすすめな取引所だと思います。

コインチェックに登録する5つのステップ

crypto-mobil-imag1
コインチェックに登録するステップは、次の5つです。

  1. アカウントの登録 : 所要時間1分
  2. SNS認証:所要時間1分
  3. 2段階認証:所要時間:5分
  4. 本人確認:所要時間20分
  5. はがき、メールの確認:1~3日

最初に準備してほしいものがあります。
『スマホ』『パソコン』『免許証もしくはマイナンバーカード』です。

基本的に、初めはパソコンで作業を進めていきます。
なぜなら、その方が簡単に登録できるからです。
「いや、パソコンないので・・・」という方は、こちらで、スマホでのやり方も説明しています。
「免許、マイナンバーカード以外はダメですか?」という方も大丈夫。後で解決できますので、このまま読み進めてください。

それから、できれば、これを読みながら一緒に作業してください。
その方が、絶対に早いです!
今はただ読んでいるだけだよっていう方は、後で登録する時でいいので、ぜひこのページを開いて、同時に進めてみてくださいね。
それでは、さっそく始めていきましょう!

【ステップ1】アカウントの登録


まずは、コインチェックのホームページにアクセスします。
コインチェックのホームーページ

『会員登録』をクリック。アカウントの登録へ進みます。

coincheck-list-imag1
『メールアドレス』『パスワード』を入力し、最後にチェックを付けたら、『登録する』をクリックします。
そうすると、登録したメールアドレス宛に、メールが送られてきます。
coincheck-list-img2
メール本文の中にあるリンクをクリックしましょう!
これで、アカウント登録は終了です。

【ステップ2】SNS認証

そのまま、SNS認証に移ります。
左のメニューから、画面の赤枠にある電話番号を登録しましょう。
coincheck-list-img3
終わったら、『SNSを送信する』をクリック。
スマホのSNSに、6桁の数字が届くので、『送信された認証コード』を入力して、認証します。
これで、SNS認証は終了です!

【ステップ3】2段階認証

btc1
ここから、少しややこしくなってきます。
でも大丈夫。
手順に従って、一緒にやっていきましょう。

2段階認証の手順

  • 【3-1】パソコンで2段階認証のメールをやりとりする
  • 【3-2】スマホに認証アプリをインストール
  • 【3-3】認証アプリで、パソコンに表示されたバーコードを読み取り、入力

 

【3-1】2段階認証のメールをやりとりする

coincheck-list-img4
上の画像を参考に、2段階認証の中の『設定をする』をクリックします。
メールが送られてきます。
※このメールは、パソコンで受信してください。

coincheck-list-img5
サクッと、リンクをクリックしましょう。
そうすると、下のようなバーコードがある画面になります。

coincheck-list-img6
とりあえずは、一旦、ここまででOK。
次は、スマホに認証アプリをインストールしていきます。

【3-2】スマホに認証アプリをインストール

google-ap
スマホの『Playストア』から、『Google認証アプリ』をインストールしてください。
インストールが終わったら、アプリを開いて、『Scan a QR code(QRコードをスキャン)』をクリック。

coincheck-list-img6
カメラに切り替わりましたか?
そうしたら、先ほどのパソコンに戻ります。

【3-3】認証アプリで、パソコンに表示されたバーコードを読み取り、入力

coincheck-list-imag7

パソコンの画面に表示されているバーコードを読み取りましょう。
すると、6桁の認証コードが生成させるので、それをパソコンの『認証コード』に入力すれば・・・、やりました!2段階認証の完了です!

マサ「ややこしかったと思いますが、このバーコードを読み取るために、パソコンでの操作が必要だったんです。」

どういうことかというと、この認証アプリは、自分のスマホのバーコードを読み取ることができないんです。
なので、読取モードにしている間は、ほかのバーコードは読めるけれど、自分のスマホのバーコードを表示させることが出来なくなるっていうわけ。
ここでつまずいて、挫折する人が多いです。
なので、スマホだけで進めていて「あれ?」ってなった方は、ぜひ、パソコンで表示させる方法をとってみてください!

ちなみに、認証アプリの数字は、時間によって変わりますので、必ず最新の数字を入力するようにしてくださいね。

【ステップ4】本人確認

coincheck-list-img8
さあ、最後が本人確認。
記入が多いところですが、それほど難しいことはありません。
ただ、写真を上手に取る必要があるので、そこで少し時間がかかる感じです。
では、手順を見ていきましょう。

本人確認の手順

  • 【4-1】重要事項のチェック
  • 【4-2】個人情報の入力
  • 【4-3】本人確認書類の提出(写真ファイルをアップ)

 

【4-1】重要事項のチェック

coincheck-list-img9
全て確認してから、チェックしましょう。

【4-2】個人情報の入力

coincheck-list-img-10
画面赤枠の「アプリが使えない方は、現住所・・・」をクリックすると、本人確認書類の提出画面が現れ、名前や性別、生年月日、住所、職業、取引目的などの個人情報の入力が求められます。
そんなに大したことはないので、サクサクッと進めましょう。

【4-3】本人確認書類の提出(写真ファイルをアップ)

『本人確認書類のみ(免許証など)の写真』と、『本人と本人確認書類が同時に映っている写真』の2つ提出が求められます。
本人確認書類は、最初に用意してもらった『免許証もしくはマイナンバーカード』でOkです。
僕は、免許証の写真を撮りました。
coincheck-list-img11
それぞれ該当する『ファイルを選択する』を選んで、写真をアップしてください。

ちなみに、本人確認書類として認められているのはこちらです。

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)
  • ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

「免許証も、マイナンバーカードもちょっと・・・」という方は、パスポートなんかも良い感じかもですね。

さあ、これで、準備は全て終了しました!
本当に、お疲れ様でした!
あとは、登録完了のお知らせ(ハガキ)が来たら、コインチェックが使えるようになります!

にゃんこ「やっと登録が終わったニャ!ハガキが来たら、次は何をすればいいんニャ?」

マサ「せっかくだから、仮想通貨をちょっとだけ、買ってみるのはいかがですか?」

コインチェックは、500円から仮想通貨を購入することができます。
登録確認のハガキが届いたら、慣れるためにも、早速少額の購入にトライしてみましょう!

ということで、今回は以上です。
登録のお知らせが来たら、いよいよ仮想通貨の世界に飛び出せます!
新しい世界で何をするのかは、あなた次第。
ぜひ、大いに楽しんでいきましょう。
次のステップとして、この下の記事も合わせて読んでみてください。

>>NFTの買い方
>>ほかの仮想通貨取引所に登録する