ゆるりASTER研究所 忙しい人でもサクッと10秒で、Astarについて学べます。

【並行輸入は、合法?】育てていた輸入ビジネスを終了します

輸入ビジネス

こんにちは、マサです。
今回は、ただのご報告の回となります。

順調に売り上げを伸ばし、月商30万以上になってきていた輸入ビジネスですが、この度、畳むことにしました。
理由は、この商品の『商標侵害』をしている、というご指摘を頂いたからです。
少し詳しくご説明します。
point1

僕が販売していた商品は、とある自動車の塗料です。
海外メーカーのもので、世界各地で同じブランド名で売られている、割と有名な企業の商品です。
僕もこの商品を輸入するにあたり、法律関係は一通り調べました。
その結果、『並行輸入品』なので大丈夫!という確信を得て、販売をスタートしたのですが、少し認識が甘かったようです。

例えば、NIKEなどの世界ブランドの商品の場合、『NIKE JAPAN』のような子会社が日本にあるため、他の企業が『NIKE』の商標を取ることは、当然ですが出来ません。
ですので、偽造品などでなければ、他国で購入した商品を輸入して日本国内で販売しても、それは『NIKE』であり、日本国内での商標を侵害している事にはならないんです。
(ちょっとややこしいですよね。)

ですから、間違いなく『NIKE』の製品であれば、他国から輸入して『NIKE』商品として販売しても問題なし!ということなになります。

僕は、この自動車塗料に関しても、「世界的なブランドだから、並行輸入は問題ないだろう」と思っていました。
ところが先日、「商標を侵害してますので、内容証明を送りますよ」と電話で言われてしまったんです><
えっ?ってなりましたが、改めて調べてみると、この自動車塗料の商標登録は、日本では別の会社が取得していたことが分かりました。
ショック!
shock
僕は自分のECサイトも立ち上げていて、SEOでも複数の記事が検索1位を取れるくらいまでになっていたので、本当にショックでした。
が、ルールはルール。
しっかりけじめをつけて、サイトでの販売は終了です。
今後は、その塗料についての情報提供のみをするブログサイトにしていく予定です。

その代わりという訳ではないのですが、このサイトをアフリエイトサイトに変えて、今後はそこでマネタイズを図っていきたいと思っています。

という訳で、輸入ビジネスは一旦、手じまいです。
ただ、これまでに得た学びは色々あって、それは他の方にも役に立つことだと思いますので、その輸入ビジネスのやり方に関しても、情報発信していければいいなと思っています。

『たった4か月で、月商40万を作った秘密の輸入ビジネスの方法を大公開!』
みたいな煽る感じのタイトルだったら、良さそうじゃないですか?^^
まあ、そんなことはしませんが、今までの知識を少しずつ整理して、今後発信していきたいと思います。
また別の商品で、もう一回頑張っていきます!

というわけで、今回も最後まで読んで頂いて、ありがとうございました!
これにめげずに、また頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いします